2020年2月23日 茶木みやこLIVE

 2月23日(日)は、陽のあたる道小さな音楽会vol.125「茶木みやこLIVE」でした。毎年この時期に開催しており今年で5回目になります。

 今年は新型コロナウィルスの影響で、様々なイベントが延期や中止になる中、参加される皆さまも不安を抱えてのご来場だったと思います。お店としてせめてできることとして、入口で手を消毒していただき、必要な方にはマスクをお渡ししました。

 ライブは、茶木さん独特の柔らかな包みこむような生の歌声と、きれいなギターの音色が響いて、とても心地よい午後のひと時になりました。『泪橋』や『一本の樹』『街の灯り』など、みんなで歌える曲もふだんより多かった気がします。

 茶木さん、茅ヶ崎・Botchy Botchy、阿佐ヶ谷・バルト、鶴ヶ峰・陽のあたる道と続いた関東3days、お疲れ様でした。古希を迎える5月のライブツアー(東京、名古屋、京都)も頑張ってくださいね。
 おいでいただいた皆さん、温かな時間を共有できたことに感謝いたします。

 一日も早くこのウィルス騒ぎが終わって不安な日々から解放されますように。

 

2020年1月26日 島袋李奈ライブ

 1月26日(日)陽のあたる道小さな音楽会vol.124「島袋李奈ライブ」終了しました。寒い中お越しいただいた皆さんありがとうございました。

 今回のライブでは、李奈さんのSNSでの呼びかけで集まった首里城の写真に、店主が昨年沖縄旅行で撮ってきた写真を加えて壁一面に展示しました。(せっかくなので、しばらくの間展示したいと思います。)

 第1部は、沖縄でバスガイドもする李奈さんのガイドで、参加者は沖縄をめぐる旅に案内されました。
1 うえず十字路
2 てぃんとぅてんとぅてん
3 さとうきび畑
4 平和
5 命音~ぬちうとぅ~
6  涙そうそう

 このセットリストの流れの中で聴く一曲一曲はズシンズシンと心に響きました。

 第2部は、沖縄から愛知に出て来て、歌いはじめた頃の話や、路上ライブでの苦労、さらに最近起こった「ココだけの話」など、会場を笑いに包みながら。
1 島人ぬ宝
2 童神
3 糸
4 幻日
5 Shinka

 溢れる思いはとどまるところを知らず、数曲歌い残して終了の時間に。
 アンコールはこれしかありません。
 相鉄JR直通線の新駅の名称がわかる前に作られていた『夢のきっぷ』。羽沢横浜国大も加わった新バージョンです。ぜひ動画で確認してみて下さい。

 李奈さん、本当にお疲れ様でした!「にふぇーでーびたん」。 歌い残した曲をまた歌いに来て下さいね。

 

2020年1月13日 やぎたこLive vol.9

  1月13日(月曜祝日)は、陽のあたる道小さな音楽会vol.123「やぎたこLive vol.9」でした。良く晴れて暖かくなった成人の日。陽のあたる道では9回目となるやぎたこのライブ、vol.9ならぬver.9といえるほどバージョンアップした「やぎたこ」の圧巻の演奏でした。

 『風に吹かれて』から始まった第1部は、ウディガスリーの曲を聴きながらアメリカの歴史に思いをはせ、2部ではカーターファミリーの世界に誘われ、終盤には『鉱夫の祈り』の原曲の初披露やブルーグラスも数曲。タップリ正味2時間以上のライブを堪能しました。
  ストーリー性あるライブの中でのMCがとても分かりやすく、これまで何度も聴いている曲でも、歌詞の内容を初めて知ったり、曲の背景についてより深く知ることができました。

  進化を続ける「やぎたこ」からますます目が離せなくなってきました。
  やなぎさん、貴子さんお疲れ様でした。ご参加いただいた皆さんありがとうございました!