2012年

6月

28日

フランスのカソナード

カソナードとはきび砂糖のことで、お店のメニューのクレームブリュレにかけてガスバーナーで焦がすと、表面が薄くてパリパリした香ばしいキャラメルになって、トロトロブリュレがさらに美味しく頂けるというシロモノです。

 

はじめはグラニュー糖だったんですが、横浜そごうの中にある冨澤商店でおフランスのカソナードを買ってきました。おしゃれでしょ?♡

 

ところが容器に移し替えるのに、細い注ぎ口がついているので、しょぼしょぼとしか出てこない。液体でもないのに?

 

しょうがない、しょぼしょぼやってみる。しょぼしょぼしょぼ・・

なかなか入っていかなくてイライラ~

ふと注ぎ口が黄色なことに気づき、それにもあたりたくなる。

にゃんで無意味に黄色いのよっ?!(可愛いけど)

しょぼしょぼしょぼ・・・

 

かなり時間をかけて、やっと終了。はぁ~

おフランスは分かりまへんー

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    カーコ (月曜日, 02 7月 2012 12:04)

    おっフランスお洒落です。
    クリームブリュレも美味しかった~。
    あの時ガスバーナーで焼いていたのはグラニュー糖だったんだ。次回はカスクートね。いや、カソナードね。

  • #2

    太郎 (月曜日, 02 7月 2012 13:13)

    そのブリュレも次回はいただかないといけません。

    さとうきびから作った砂糖のことなんですね。なかなかお洒落でいいと思います。

  • #3

    hinoataruwakimichi (月曜日, 02 7月 2012 23:13)

    >カーコさん
    おっフランスじゃなくておフランスね。
    ま、どっちでも良いんだけど・・

    >太郎さん
    このブリュレも、なかなかコーヒーに合うと思います。
    次回は是非、頂いてみて下さいませ b(^。^)